2 posts categorized " 自転車 (Memories-Bar)"

January 26, 2006

パスハンター的なランドナー

後輩よりランドナーフレーム(またまたマイナーなニシキ グローバル・ツーリズム)を譲り受けディアゴナールのパーツを移植してパスハンター的なランドナー650×35Aを組んだ。
p0

p1 色(深緑)は自分で塗装し、ヘッドマークは宗谷岬で買ったステッカーの「最北端の碑」部分を切って貼ってみた。
                



p2 RDはディアゴナールから移植したサンツアー(マエダ工業)の世界初!の本格的MTB用変速機マウンテック。
☆プーリーセルフポジショニング(プーリーとフリー間を常に一定にする)機構装備。こいつはプーリーゲージと本体がくねくね動く構造です。山で酷使してキズだらけです (~_~メ)

p3 ブレーキ本体は吉貝のNGC982。当時、釣具屋(シマノ)のデオーレもあったがアンチなもんで^^;
ブレーキシューはマファックのタンデムを使用。



全体的にはフレームサイズも小さく取り回しがよかった自転車(^^)
長距離ツーリングの時はこんな感じで走ってた(^^)y-.。o○
p4











日本的パスハンターは自宅から山、もしくは輪行などアプローチが長い場合、もっと見直されてよい車種だと思う。
車等を利用してアプローチが短い場合は米国的MTBが優位ですが・・・

ちなみに私の最近は、アプローチが短い所しか行けない行かないのでMTBばっかりですが^^;

幾多の思い出のあるランドナーだったけど、引越しと保有制限を定めた自転車軍縮会議により今は後輩の家に眠っている。

January 21, 2006

道具としての自転車の変遷

d1b
私のいわゆるスポーツ車としての初代自転車はBSユーラシアグラン ディアゴナール。
ユーラシアの中でもマイナーな車種で乗っている人に会ったことが無いし、持っているといった話も聞いたことが無い ^^;



d2






d4 購入理由はもちろん快走ツーリング!ですよ。→それならスポルティーフでもよさそーですが・・・
カンティブレーキ仕様でセンタープルより軽量かと。そしてフロントキャリア直付のランプがポイント。
色は派手なレッドからローズに塗り替えた。このディアゴナール購入当時は貧乏学生で(いもあまりかわりませんが^^;)用途別に自転車を揃えるなら、そのお金を旅にまわそ~というコンセプトから1台で遊びの仕様に合わせて使いまわししてた。

1.走ることが楽しい(日帰り快走時代)

d3
1日120km~180km走っていた頃。云わゆる「国道サイクリスト」時代ですね。

センチュリーラン、ヒルクライムなんかにもストリップ(泥除け外して)にして28C履かせて出てた。



2.ちょっと遠くまで(輪行ツーリスト時代) 


d71~2泊でYH(懐かしいユースホステル)や民宿利用で彷徨っていた時代。後期になると2週間ぐらい彷徨い、お宿のほとんどはステーションホテル(寝袋持参!駅の待合室or日通のホーム)となった。そ~いえば、電話BOXで寝たこともあったなぁ^^;
d5






きつかったのは下北半島の海峡ライン(R338)。当時、石ころゴロゴロの1車線ダートで700×32Cでの走行は北の地獄だった(-_-;) 

3.旅とロマン?≠放浪を求めて(キャンピング時代)

d6














ステーションホテルは通常?の乗客の迷惑にならないよう気にしなければならない(=夜遅く寝る、朝が早い)のとプライベートな空間がないことで必然的にキャンプが主体となった。
この頃のテントは軽量化+コンパクト優先でツェルトを使用していた(雨の日はステーションホテルやYH利用)食事は全て自炊。常にコメ1Kg、レトルトカレー2食分は積んでいたなぁ。あ!それとサントリーWhiteも(^^)

フロントにアルミ製キャンピングキャリアを付けてサイドバッグ仕様。
キャリアはアルミの無垢棒で耐久性が?だったけど、北海道の三国峠(R273当時はダート)でもキャリアは折れなかった。

4.山の誘惑(脱世俗的な時代)
d8

キャンプをはじめてから装備が同じこともあり北アルプス縦走とかの山歩きも、ぼちぼちはじめる。アプローチは自転車。そうなると当然の成り行きで林道ツーリングの回数も増えてくる。

まだMTBの出たてで、ATB(All Terrain Bike)なんて呼ばれ方してた頃。私は700×35Cで山を駆け回ってた・・・RDは幽霊のアルビー(^_^;)
d9b














5.裏道、旧道を探索(レイドバックした時代)
気軽にふらっと雰囲気のあるところを散策するエリッククラプトンのレイドバック的仕様。
   
でも、RDなんかは、いつでも山に行けるようサンツアーのマウンテックだったりする(^^)y-.。o○
d10













その後、思い出のディアゴナールはパーツを形見分けして、フレームのみが実家にある(はず ^^;)