« クラシカルな「ラジアル」手組み | Main

February 13, 2010

クライマーではないけれど

今回(といっても数年前のことですが)ケルビム クロモリロード再生のきっかけとなった現代的コンポパーツを使ってみたい。という動機でしたが、STI は確かに便利。さすが今日のロードバイクブームに火を点け自転車人の裾野を広げたシステムです。思うに「デュアルコントロールレバー 」にしてから変速のパターンも変化してシフト回数が増えます(Wレバーの自転車に乗ると、極端にシフト回数が減ります)。こんなところにツボがありそうです。・・・慣れるまではシフトしようとして、無意識に片手でフレーム撫でてましたが(^_^;)

C1002131
しかし、この「でゅあるこんとろ~るれば~」重いしごっつい!と導入前から思っていた私は、フロント側は使用頻度が少ないのでコイツを使わなくてもいいんじゃない?と思いノーマルブレーキレバー(といってもアウター上出しじゃなくて、昔で言うところのエアロタイプ)と手持ちの「デュラEX」のWレバーの組み合せにしてます。
ランス・アームストロングの山岳ステージ用バイクが同様の仕様になっていると知ったのは随分あとのこと。

C1002132_2 クロモリの細いラインを考えればWレバーが似合うと思うけどロードレーサーという性格(車種)を考えれば必然的にリアは「でゅあるこんとろ~るれば~」という選択肢しかないのが現状。今さらサンツアーの「コマンドシフター」でもないし。と思っていたら、なんと!「工房 赤松」でコマンドシフターを Shimano/9S・Campagnolo/10Sに改造するクリックリングが発売されている(@_@)さすが、サンツアーファンは根強い!!

ステムは日東「パール」、ハンドルは「B105RD」 。
「DIXNA」のロード バーテープは白い糸が目立ちすぎるので臙脂色にペイント。       
              クリックすると天然色で見れます。
C1002133

|

« クラシカルな「ラジアル」手組み | Main

自転車 (Main-Bar)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クライマーではないけれど:

« クラシカルな「ラジアル」手組み | Main