« デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 | Main | クライマーではないけれど »

February 10, 2010

クラシカルな「ラジアル」手組み

完組ホイール全盛の今だからこそ、クロモリロードには手組みの
ラジアル。

あっ。先に断っときますけど、私のクロモリロードは年に1、2回のサイクルイベント(ヒルクライムへの参加)+サイクリング的なポタがメインです。現役バリバリでレースへ参戦中の方やこれからレースのために決戦ホイールを求める方は、この先を読んでもアクビが出るのでスルーしてください( ^^) _旦~~
(老婆心ながらハイグレードな完組をおすすめします。ハイ)

C1002101 昔からやってみたかったラジアル組み・・・
ラジアル組みのメリットは軽量化(といってもほんのわずか)なんですが、人によっては「横剛性が落ちる」「縦剛性がアップする」とかいろいろ言われてます。これらはみな、先入観に基づいた感覚的なインプレ観では?と感じます。
テストは本来、ブラインドで行うべきでは?と思うけど、現実には自転車(車やオートバイも)のテストはブラインドテストは不可能なので通説というカタチで語られることが多いような気がします。

ただ歴史を見るとダルマ自転車(ラジアル組み)→近代自転車(タンジェント組み)という変遷はあります。が、素材が向上した現在では完組みホイールのフロントはほぼ全てラジアル組みということからも耐久性は別として剛性という面ではタンジェント組みに劣る
ことはないのかなぁと。

まぁ結局、私がラジアル組みを選ぶ最大の理由は単純に
「かっこいい」ってコトなんですけどネ ^/^


C1002102
剛性+軽量化&耐久性?を考慮してマビックオープンプロ 32H +アメリカンクラッシックでフロント・リアの反フリー側をラジアル組みにしてます。アメクラのハブは玉当たりが・・・なのでスキュアーでごまかしたりしてます ^^;

「32H のラジアル組なぁ~んて」とか言う声が聞こえてきそうですが最初に言い訳?しといたので、そのような人はここまで読んでいないだろう(^_^;)

走行感はサクサク回る感じで軽く感じます。ギャップはコツンという乾いた振動ですが、細くラウンドしたクロモリフォークのためか収束性は良好です。ただステアリングは以前よりもシャープな反応。ストレートフォークであればガチガチのクイック感になるかも。
デメリットとしては一旦走り出したあとの巡航能力が若干落ちた気がします。まぁ、このへんは軽さと相対関係にあるので仕方のないことですが。

当初、気にしていた振れは1万キロメートル走って1回振れ取りした程度。
(振れ取りといえば 2chの『【手組み】ホイール組は心の振れ取り』名言だなぁ)

« デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 | Main | クライマーではないけれど »

自転車 (Main-Bar)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112446/47527120

Listed below are links to weblogs that reference クラシカルな「ラジアル」手組み:

« デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 | Main | クライマーではないけれど »