« 「ココログ」カテゴリーのツリー化 | Main | デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 »

February 07, 2010

クロモリロード ケルビム(Cherubim) R-3

自転車散歩がメインの私ですが、実はロードバイクを持っています。

今ではカタログ落ちとなってますが、'80年代後半ケルビムのハイエンドモデル「R-3」。
「R-2」との違いはオールロストラグ仕様。パイプは石渡019。

・1988年のケルビム カタログ(クリックで拡大します)
C1002071_3                                            

シンプルなロードが組みたくて'88年に福岡の南米商会を通じてオーダー(といっても吊るしに色指定しただけですが)。

ところが!移り気な私はその後、英国クラブモデルに浮気してメインパーツをRaleighに移植。「R-3」はフレームのみとなり部屋のインテリアと化してました・・・。
その後、月日は流れてロードバイクの世界は変貌し大好きなサンツアーは姿を消し、ライバルであった釣具屋(シマノ)の勝ち組が決定的となった2003年、STIコンポパーツ+ビンディングペダルを使ってみたいと思い「R-3」再生計画がはじまった。

本音を言えば当時流行の1円玉(アルミ)や炭(カーボン)に至極心を奪われたのですが、インテリア?といえどもロードフレームがありながらそれら新素材フレームに手(お金)を出すのは家族の冷たい目が・・・(T_T)。

まぁ今となっては、昨今のスチール回帰ブームで私なんかも「アルミですか? 別にちょっとぐらいの軽量化ならどうでも良いですヨ。なりより硬くなるのは嫌ですぅ」。とか「チタンにカーボン?良いのかもしれないけど高いでしょ」。なんやかんや言っても乗り手にやさしく、なおかつ懐にもやさしく耐久性もある「鉄が1番でしょ!!」って気軽に言えるようになった(笑)

といわけで、まずは、ケルビムさんに行って心機一転、再塗装してもらいました。
C100207r
イタリアンカットのロストラグでまとめられたシートとヘッド。
ケルビムさんに再塗装で訪問した時、2代目・真一氏もラグまわりの綺麗さに感心していた。

C1002073デカールは'80年代後半に一時的に使われた現代的なロゴを指定(なんと最後の1台分)。
当時は違和感があったロゴも今見るとロードにお似合い(^^)y-。o○
あまり見かけないというのも◎です。

コンセプトは、スチールならではの細く繊細なフレームを生かしつつ現代的なパーツを違和感なく取り入れること。←と言ったところでコンポーネント化した今のパーツではほとんど意味が無い事なんですけどネ ^^;

|

« 「ココログ」カテゴリーのツリー化 | Main | デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 »

自転車 (Main-Bar)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロモリロード ケルビム(Cherubim) R-3:

« 「ココログ」カテゴリーのツリー化 | Main | デュラエース(DURA-ACE) FC-7402 »