« Fire-Bar / ガスストーブ (Ⅱ) 英国 生まれのグリーン缶 | Main | 道具としての自転車の変遷 »

January 15, 2006

Fire-Bar / ガスストーブ (Ⅲ) スウェーデン 生まれのエクスカイザくん

p1
ポタリングやソロキャンプでメインとなっているPrimus エクスカイザくんの登場です。


発売当時、世界初の軽量チタンバーナー(95g)。
贅沢にもバーナーヘッド、混合管に工業用純チタンを使用し、プリムスのエクスペディション・モデルの第一号だったりする。


購入は某アウトドアショップの閉店セールで半値で売られてたので即決Get!

p3a









ツマミが長く、地面に置いて使うときにのぞきこまなくても火力調整ができる。また、ホールディング・スピンドルを装備して、小型ケースにすっきり収納できる。ツマミに喫煙パイプの素材でもある熱に強い天然木(キングウッド)を使い、ちょっとしたこだわりがGood (^^)

p4
点火するとゴォ~ォと力強い燃焼音を発して炎が直線的に出る。
大鍋には向かないけど、個人装備としては充分。



現在はモデルチェンジして2Aになったけど、私的には1Aのシンプルなデザインが好き→自己満足ですが ^^;

*データ
   ・メーカー:プリムス
   ・出生地:スウェーデン
   ・商品名:EX-ULT-1A (Exquiza-Ultra Light Titanium
                  -1 Automatic Ignitor)
   ・重  量:95g
   ・出  力:2,700kcal/h

|

« Fire-Bar / ガスストーブ (Ⅱ) 英国 生まれのグリーン缶 | Main | 道具としての自転車の変遷 »

あうとどあ道具(Fire-Bar)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Fire-Bar / ガスストーブ (Ⅲ) スウェーデン 生まれのエクスカイザくん:

« Fire-Bar / ガスストーブ (Ⅱ) 英国 生まれのグリーン缶 | Main | 道具としての自転車の変遷 »